私は中学2年生くらいの頃からズキズキガンガンと頭痛がありました。

薬を飲んでもほぼ効き目がなく、ひどい時は朝からの頭痛で学校に行きたくても行けませんでした。

大好きだった部活で床に座り込んでしまうことがよくありました。

高校へ進学しましたが頭痛自律神経の乱れで様々な症状が併発しました。

あっという間に出席日数が足りなくなってしまい、通信制高校へと転入。

通信制高校は先生たちのおかげでなんとか卒業する事ができました。

その後、美容専門学校に進学しますが、症状が悪化し退学しました。

この頃は頭痛だけでなく他の症状も一番ひどい時期で、体も心もズタズタで最悪の毎日でした。

 

そんな時、頭痛持ちの母が看護師を休職・頭痛セラピー協会との出会い

私たちは親子で頭痛に苦しめられていました。

そしてある時、私たちがが出会ったのが『薬なしで頭痛が治る日だまりショット』。

そんな簡単なことあるわけがない!!

最初はそう思いましたが、藁にもすがる思いでまずは母が愛知県へと施術を体験しに行きました。

なんと当日あった頭痛が15分ほどでスーーっと消えたそうです。

 

しかし愛知県は遠い、、、一番近くの店舗でも仙台、、、。

母は私たち2人の頭痛を治すために『日だまりショット』を学ぶことを決意。

家では私が施術の練習台になっていましたが、いつの間にか頭痛の頻度が減ったことに驚きました。

どんどん良くなっていき、今では薬を飲んでいません。

頭痛が良くなってくると同時に自律神経も整って人生が前向きに考えられるようになりました。

母も私も以前より笑顔が増え、いつしか家族全体が明るくなりました。

 母の治療部屋から聞こえる笑い声

私は母の患者さんたちの声を、隣の部屋で壁越しに聞いてきました。

頭痛がなくなっていき、声のトーンが明るくなっていく患者さん。

声だけで顔がくしゃくしゃになるくらい笑っているのが伝わってくる患者さん。

頭痛が良くなり笑顔になっていく患者さんたちがたくさんいらっしゃいました。

なんて素晴らしい仕事なんだろう。私がやりたいことはこれだ!

 

そして自身も頭痛治療家の道へ

そして学ぶために愛知県に通いました。前の自分だったら想像もできないことです。

少し前まで学校にも行けず、ほぼ引きこもりだったなんて言っても誰も信じてくれなさそうなくらいに活動的に過ごしました。

誰かを笑顔にする仕事がしたい!

同じように苦しんでいる頭痛患者さん達を救いたい!

その気持ちが私を前へと押してくれました。

今度は私が頭痛に悩んでいる人を笑顔にする番です。

全国3000万人以上いると言われている頭痛患者さんを一人でも多く救うために、全国の頭痛治療家の仲間達と日々技術を磨いています。私たち家族の頭痛を治し、生きる希望を与えてくれた日だまりショットに感謝しています。

頭痛がない世界はこんなに輝いているということを1人でも多くの人に知ってほしいです。

治したいその思いさえあれば大丈夫です!

明るい未来へ向かって走り出しましょう!


頭痛を治して普通に生活したい。

薬を飲まない生活がしたい。

学校に行けるようになりたい。

受験勉強にに集中したい。

頭痛がくるかもという不安から解放されたい。

 

あなたは頭痛が治ったらどうなりたいですか?

どうして頭痛を治したいですか?

 

全国約3000万人の頭痛患者さんたちの頭痛が1日でも早く治りますように。

そして笑顔が溢れたあなたらしい人生を送れますように。

 

頭の痛みは周りに中々理解してもらえず、とてもつらいですよね。

郡山頭痛専門整体MAYはあなたの痛みと心に寄り添い真心の手で施術させていただきます。

まずはあなたのお悩みをお聞かせください。

 

頭痛専門整体MAY 笠原優花

 

師匠 日比大介先生の志