▶︎施術の流れ

カウンセリングカードを記入いただき、今の状況を教えていただきます。

例えば、いつから頭痛がしていて、どんな痛みなのか、本当は頭痛薬をやめたい!とか。




 

 

 

 

 

 

天気と人間の健康はとても関係があり、特に頭痛の人にとっては、雨の降る前など、天気予報のように頭痛が発生する人が多いです。

頭痛の原因は、悪い姿勢の積み重ねや過度のストレスを受けたり、体が冷えて血行が悪くなった時に発生します。

 

最近では、ストレートネックがスマホの普及で急増していて、子どもの頭痛では姿勢が大きい問題としてあります。

また偏頭痛の方は頚椎のズレによって痛みが発生しています。

左にズレている人は、左のこめかみに、右にズレている人は、右に出るパターンが多いです。

 

また頚椎2番は自律神経の反応点なので、天気の気圧(きあつ)の影響、人からのプレッシャーによる人圧(ひとあつ)、試合やテスト、イベントなどにかかるプレッシャーの重圧(じゅうあつ)によって、首のつけねがガチガチに固まってきて頭痛が起ります。

苦しみに耐えずに早めの治療をおすすめします。

 

当院では、まず、頭痛がどこから起こっているか?を発見し、痛みの震源地の流れを改善していきます。

施術後、頭がすっきりして痛みがなくなっていきます。

 

<頭痛を引き起こす流れの図>

治療をしていくと体の変化は、2段階で起こります。

1段階目が、痛みがなくなる変化。痛みなしのラインまで早くたどり着いてほしいと思います。

そして、しばらく平行線がつづき、徐々に疲れにくい体になっていきます。(いい体のライン)

ここまで行けば、毎日がとても楽ですし、睡眠も深くとれて、朝が気持ちよく始められる健康的な生活になります

頭痛治療「日だまりショット」を受けて、頭痛が出なくなった後も再発しないようにメンテナンスしていくことが大事です。その補強としては以下の3つの頭痛改善方法を患者さんに教えています。